就活Q&A(自己分析編)

  • 自己分析って何をするのですか?

    仕事を探すときに前もってしておくといいことがあります。それは『自分を知る(自己分析)』と『仕事を知る(企業分析)』です。自己分析では、自分にとって「大切なこと」「好きなこと」「活かせること」について、言葉に書いて整理します。そのためには自分の経験の振り返りをします。たとえば長所や短所、頑張ったこと、夢中になったことなどです。それをまとめて自己分析っていいます。

  • 自己分析ってしなくちゃいけないのですか?

    自己分析ってなんだか面倒くさそうだし、本当に必要なの?って思いますよね。でも「あなたの強みはなんですか?」って質問されたらすぐに答えられますか?自分の強みってなんだっけ・・・って頭の中でぐるぐる考えてしまうでしょう。自分の中にあるものを必要なときにすぐにだせる用意をするためにもしておくといいですよ。

  • 「自分を知る」ためにはどうすればいいですか?

    今までの自分の経験の振り返りをしたり、好きなことや夢中になったことなどを思い出し、それを書き出し、整理することで自分を知ることができます。
    具体的なエピソードとしては、部活やサークル、勉強、アルバイトなどがでてくるでしょう。そのときに「どのような経験をしたのか」ということだけではなく、なぜ選んだのか、やってみてどうだったか(たいへんだったことはないか、もしあればそれをどう乗り越えたかなど)、その経験を通してどう成長したのかということまで深めることができれば、企業を選択するときや自己、志望動機を書くときに役にたちます。ひとりで悩んだときは、アドバイザーに話すことで深めていくこともできますよ。

  • 自己分析って一人で出来るものですか?

    自己分析は基本的には個人作業になることが多いでしょう。自分の興味・能力・価値観などをもとに、今までの経験の中から探っていくことになります。
    また、適性検査のような検査などを受けて、自分の方向性を知ることもあるでしょう。
    ただ、自分で知る自分とは別に、他人から見える自分も存在します。自分では思ってなくても、他人には見えてたり・・・。
    その場合は他人からの意見、アドバイスを受け入れることで、幅が広がり、新しい強みを発見できます。周りからの意見をもらうという意味でも、ジョブカフェでキャリア相談やミニセミナーに参加し、更なる自分発見をしませんか?

  • 大学のセミナーで、自己PRと大学でがんばったことは早めに考えておいたほうがいいと言われましたが、何からしていいのかわかりません。

    自己PRも大学でがんばったことも、自分自身のことですよね。となると、まずやっていくのは自己分析になります。
    たとえば、自分の過去から現在を振り返ってみて、うれしかったことやよくやったなあという事柄を書き出してみたり、趣味に注目して何が楽しいかなど言葉にしてみるのはいかがでしょう。そこには自分の特徴や良さが表れています。それに気付き、明確にすることで自分に対する理解が進みます。
    ただ、1人では気づくことができないこともあります。そのときは、ジョブカフェに足を運んで、アドバイザーや同じ目標を持つ就活仲間と一緒に自己分析をしてみてください。

  • 学生時代にゼミやサークルに所属していないのですが、就職活動では不利になるのですか?

    確かにエントリーシートや面接などでゼミやサークルのことを聞かれることもありますよね。でも、ゼミやサークルに所属していなければ、それに代わる学生時代にやってきた活動を書いてもOKですよ。たとえば、アルバイトや趣味の活動などです。
    企業としては、どんなサークルやゼミに所属していようと関係はありません。
    あなたが学生生活をどう送ってきたか、そこで何を習得し、何を学んだのか知りたいのです。
    ゼミやサークルの活動に代わる学生時代の体験を書類や面接でも表現してみてくださいね。

  • 自己PRは、1つだけ作っておけば、どんな会社にも通じますか?

    どんな企業にも通じる自己PRが出来ると便利ですよね。でも、企業によっては「求められる人材像」が異なります。求人情報を見ながら、どんな人材が求められているか想像して「PRポイント」を考えていくと、さらに、相手先に響く「自己PR」を作成できます。まよったら、個別キャリア相談を利用して、アドバイザーと一緒に文章を考えていくと便利ですよ。

  • 人に自慢できるような『強み』がなく、自己PRがうまくできません。どうしたらいいでしょうか?

    自己PRは、自慢話をするのではありません。人と比較するものではなく、あなた自身がどんな人なのかを伝えることが自己PRです。
    過去のたくさんの経験が、今の自分を形成しています。強く心を動かされた出来事、感動の出会い、そんなエピソードはありませんか?嬉しかったこと、辛かったこと、楽しかったことなどさまざまな体験の中にオリジナリティー溢れる自己PRのヒントがたくさん見つかります。その体験を通して、どのように感じたか、あるいは、どのような変化があったかということを伝えることが、あなたらしい自己PRになると思います。 まずは自分を振り返り、自分らしいエピソードで、自己PRをしましょう!

  • 自己分析は、いつまでやってもがきりがないような気がするのですが…?

    ここでの「自己分析」とは、就職のための自己理解です。たとえば、自己PRのための材料探し等、就職するためには、何が必要なのか、目的を定めてから、自己分析を始めると効率が良いとおもいますよ。

  • たいした経験をしてこなかったから、自己分析は意味がないのでは?

    たとえありきたりの内容でも胸をはって語れる“何か”があるはずです。
    たとえば、学生時代にがんばったことを、毎日40分の自転車通学とした場合には、「最後までやり通す力」や「粘り強さ」の自己PR材料になりますよ。

  • 自己PRって何を話せばいいですか?

    応募書類はもちろん、面接でも「自己PRをして下さい。」という質問は必ず出てきますね。「私はこんな能力を持っている。」「私の強みは○○です。」というように、自分の強み・能力をアピールしていくことが必要です。
    とくに学生さんが自己PRでよく使うのが、サークル活動・アルバイト・インターンシップなどの経験ですが、大切なことは、その経験を通して何を学んだか、何ができるようになったかという部分を伝えることです。
    「粘り強い」「リーダーシップがある」「責任感がある」など本質の部分を、エピソードを交えて伝えていきましょう。