開催日時
2019/01/10 (木)
19:00〜21:30
会場
はっぴーの家ろっけん 〒653-0042 兵庫県神戸市長田区二葉町1丁目1-8
主催者

しまね定住サテライト大阪

HP:
https://www.facebook.com/satellite.shimane.osaka/
問合せ先:
TEL:06-6361-3937  E-mail:koyojoho-tanto2@pref.shimane.lg.jp
【第4回 「関係人口」という提案 (神戸)】

【第4回 「関係人口」という提案 (神戸)】

地域とどう関わる? 地域でどんなことができる?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日時:2019年1月10日(木) 19:00~21:30 (受付18:30~)
会場:はっぴーの家ろっけん(兵庫県神戸市長田区二葉町1丁目1-8)
アクセス:神戸市営地下鉄駒ヶ林駅から 徒歩5分
申込み :イベント名・氏名・区分(一般/学生)・年齢・連絡先を明記の上メールにてお申込みください
お子さんと参加される方は、人数・年齢をお知らせください
E-mail:koyojoho-tanto2@pref.shimane.lg.jp(担当:石黒)
参加費:一般:1000円 学生:500円 小学生以下:無料 
定員:30名程度
   ※お申込み多数の場合は、先着順で受付させていただきます。
主催:しまね定住サテライト大阪(島根県)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「関係人口をつくる 定住でも交流でもないローカルイノベーション」(木楽舎)著者の田中輝美さんをファシリテーターに迎えて、5回シリーズで関西や名古屋で各地を拠点に活躍されているゲストの地元で、トークイベントを開催しています。

第4回は 藤本遼さんをゲストにお迎えして、神戸で開催します。

都会にいながら、ローカルとつながる新しい生き方について、考えてみませんか?


▼ファシリテーター 田中 輝美さん

ローカルジャーナリスト。島根県浜田市生まれ。大阪大学人間科学研究科修士課程修了。山陰中央新報社で記者をしながら地域で働く喜びに目覚める。2014年退社し、独立。共著に『未来を変えた島の学校』(岩波書店)、『地域ではたらく 「風の人」という新しい選択』(ハーベスト出版、第29回地方出版文化功労賞、島根本大賞受賞)など。2017年10月に『関係人口をつくる−定住でも交流でもないローカルイノベーション』(木楽舎)発売。一般社団法人日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)の運営委員も務める。


▼ゲスト 藤本遼(ふじもと・りょう)さん

尼崎ENGAWA化計画/場を編む人
1990年4月生まれ。兵庫県尼崎市出身在住。尼崎ENGAWA化計画代表。コンセプトは「あわいと余白のデザイン」。現在は、イベント・コミュニティの企画運営、空間のプロデュース・リノベーション、会議・ワークショップのファシリテーション、対話・恊働に関する研修など、場づくりやまちづくり、公共空間の活用に関する仕事・活動を行なう。代表的なプロジェクトは、「amare(あまり)」、「尼崎ぱーちー」、「尼崎傾奇者(かぶきもの)集落」など。


▼内容

 ①トークセッション

 ②交流会 少しですが、島根の食べ物もご用意します。


▼こんな人大歓迎!

・「関係人口」に興味のある方

・地域とのかかわり方に興味のある方

・島根県にゆかりのある方

・島根県や地方に興味がある方

・ゲストやプログラム内容に興味がある方

みなさまのご参加を心よりお待ちしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎今後の予定

第5回 大阪 2019年3月17日(日) 13:00~ 枚方 T-SITE